子供の日焼けはシミの元!?今からできる対策とは?

子供の日焼けはシミの元!?今からできる対策とは?

首イボ(スキンタッグ)の原因と対処法

 

「お子さんの日焼け対策してますか?」

 

昔は子供たちが炎天下の中を走り回ったり、真

 

っ黒に日焼けすると「元気だね〜!」なんてい

 

われていましたが、最近では子供たちの紫外線

 

への影響が騒がれていますよね。

 

 

幼稚園や小学校のプールでラッシュガードが認められるところも増えてきたの!


 

子供を持つ親として紫外線が気になっている方

 

も多いと思います。

 

首イボ(スキンタッグ)の原因と対処法そこで今回は、紫外線の影響やお子さんの日焼け対策について詳しくまとめました。

 

子供が日焼けするとどうなるの?

 

首イボ(スキンタッグ)の原因と対処法

 

ここ数十年で紫外線の量が増えていると言われ

 

ています。

 

成長が盛んな子供は、紫外線の影響もうけやす

 

くなります。

 

紫外線をあびつづけると皮膚細胞の遺伝子が破

 

損してしまい、シミやシワの原因となります。

 

さらには、抵抗力や体力の低下、皮膚ガンのリ

 

スクも高まります。

 

紫外線をあび続けていいことは一つもありませ

 

ん。

 

目元のシワはクレンジングが原因 詳しくは関連記事⇒「光老化がシミやシワの原因!?」

 

をご覧下さい。

 

 

20歳を超えると、紫外線対策をしてきた人と何の対策もしてこなかった人では確実に差はでてしまうわ!


 

今すぐできる日焼け対策を始めていきましょう!

 

子供の日焼け対策

 

首イボ(スキンタッグ)の原因と対処法日焼け止めを塗る

 

日焼け止めも色々な種類がありますが、大人用

 

を塗ると肌への刺激が強いため子供用の日焼け

 

止めを塗るといいでしょう。

 

SPF10〜20 
PA+1
使う前はパッチテストすることをおすすめします。

 

ただし、子供用の日焼け止めは肌にも優しいで

 

すがその分効果が薄いです。

 

そのため、こまめに塗り直しすることが大切で

 

す。

 

2時間ほどで塗り直すといいでしょう。

 

夜は日焼け止めや汗などを石鹸できちんと落と

 

すことも大切です。

 

首の後ろも日焼けしやすいので忘れずにぬりま

 

しょう。

 

お子さんと一緒に外にでるときはお母さんも忘

 

れずに日焼け対策をしましょう。

 

目元のシワはクレンジングが原因関連記事⇒顔のシミ対策に日焼け止めはNG?正しい塗り方と選び方

 

赤ちゃんの場合は日焼け止めを塗っていいか迷いますよね。
赤ちゃん用の日焼け止めであれば肌への影響も少なくなります。

 

また、敏感肌のお子さんはベビーカーで日差しをあたらないようにしたり、お母さんが日傘をさす、長時間の外出は避けるなどして赤ちゃんを紫外線から守ってあげましょう。

 

 

帽子も日差しから守ってくれるからおすすめよ!


 

日焼けしたときの対処法

 

首イボ(スキンタッグ)の原因と対処法冷やす

 

もしお子さんが日焼けをしてしまったらまずは

 

冷やすことが大切です。

 

日焼けというのは火傷と同じような状態です。

 

冷やして炎症やほてりを抑えます。

 

ただし、アイスノンや氷を直接肌に当てるのは

 

いけません。

 

肌への刺激が強すぎたり、低温火傷を起こして

 

しまいます。

 

水にひたしたタオルをあてましょう。

 

また、アイスノンはタオルで包んで患部にあてま

 

しょう。

 

冷やすのは1回10分くらい。

 

まだ赤みがある場合には時間をおいて冷やしま

 

しょう。

 

長時間冷やし続けるのはNGです。

 

また、患部をこすってはいけません。

 

 

首イボ(スキンタッグ)の原因と対処法保湿する

 

日焼けすると肌の水分が蒸発して皮膚が乾燥

 

し、肌が痒くなります。

 

お子さんが痒みを我慢するのは難しいですよ

 

ね。

 

お肌に優しい化粧水をぬって保湿しましょう。

 

子ども用のものを使うといいでしょう。

 

保湿して乾燥から守ることが大切です。

 

赤く腫れる、水膨れができる、熱がでるなどあまりにひどい場合は皮膚科へ受診しましょう。

 

 

まとめ

 

将来シミやシワができなくするためにも日焼け

 

対策はしっかり行いましょう。

 

水分補給も大切です!

 

お子さんを守ってあげられるのはお母さんで

 

す。

 


page top