顔のシミ対策に日焼け止めはNG?正しい塗り方と選び方とは!?

顔のシミ対策に日焼け止めはNG?正しい塗り方と選び方

シミを消すスキンケア方法

 

 

 

日焼け止めクリームしっかり塗ってる?


 

 

つい忘れちゃって毎日は塗ってない…


 

 

若いころに紫外線をたくさんあびていると、早い年齢でシミがでてくる可能性が高いのよ!


 

 

紫外線によって日焼けした肌は乾燥し、シミや

 

しわの原因となります。

 

日焼け止めを塗ってシミの原因となる紫外線対

 

策をすることが大切です。

 

ただし、どんな日焼け止めクリームでもいいか

 

といえばNGです。

 

日焼け止めが合っていないと肌に刺激が強く肌

 

を痛めてしまうこともあります。

 

 

また、毎日日焼け止めを塗っているのにシミが

 

できるという方は日焼け止め選びが間違ってい

 

る可能性が高いです。

 

そこで今回は、日焼け止めクリームの選び方と正しい塗り方について解説します。

 

 

日焼け止めの選び方

 

紫外線にはUV−A(A紫外線)UV−B

 

(B紫外線)があります。

 

シミを消すスキンケア方法

 

紫外線A波は紫外線量の約9割を締めていま

 

す。

 

肌内部に浸透して、シミやたるみなどの原因と

 

なります。

 

紫外線A波は窓ガラスを付け抜けるため、家の

 

中や車の中でも紫外線対策が必要です。

 

 

 

紫外線B波は日焼けやシミ・そばかすの原因と

 

なります。

 

炎症を起こすと肌が赤くなったり、茶色になり

 

ます。

 

このように肌が衰えていくのは加齢だけではなく、

 

「光老化」も大きく関係しています。

 

光老化によるシミやそばかすができるメカニズム

 

のまとめは、「光老化がシミやシワの原因!?」

 

をご覧下さい。

 

 

 

日焼け止めって「PA」とか「SPF」とか書いてあるけどあれって一体何?


 

「PA」=Protection Grade of UVA

 

UVA防御指数ともいいます。

 

PAはUV−A(A紫外線)から肌を守ります。

 

A紫外線を守るPAは、

 

「+、++、+++、++++」

 

で表示され、+の数が多いほど効果が高い紫外線を防ぎます。

 

PA50+が一番高い数値です。

 

 

 

「SPF」=Sun Protection Factor

 

紫外線防御指数とも言います。

 

SPFはUV−B(B紫外線)を防ぎます。

 

肌が赤くなるのを防ぎます。

 

SPF数値は1〜50まであり、日焼けが始まるまでの時間を何倍のばすかという目安の数値です。

 

 

例えば、何も塗らない状態で外にいたら20分

 

ほどで日焼けするところ、SPF10の日焼け止

 

めを塗ると日焼けを起こす時間を10倍伸ばす

 

ことができる数値です。

 

 

SPF30の場合は20×30=600分、日焼け止め効果が期待できるのよ。


 

ただし、数値が高ければいいというわけではあ

 

りません。

 

 

高い数値ほど日焼けを防ぐことが期待されます

 

が同時に肌への負担がかかります。

 

日焼け止め数値の目安

 

○日常生活 買い物 散歩
⇒SPF10、PA+

 

○屋外でのレジャー、運動
⇒SPF20、PA++

 

○レジャー(海や山)、炎天下での運動
⇒SPF30〜50、PA+++

 

○海外リゾート 紫外線の強い場所
⇒SPF50、PA++++

 

紫外線を防ぐ成分

 

日焼け止めの成分には紫外線散乱剤紫外線吸

 

収材があります。

 

2つとも使われているものもあれば単独で使わ

 

れているものもあります。

 

シミを消すスキンケア方法紫外線散乱剤

 

●肌への負担が少ない

 

●肌の表面を覆い紫外線を反射する

 

 

シミを消すスキンケア方法紫外線吸収剤

 

●紫外線を吸収して熱に変えて肌へ浸透するのを防ぐ

 

●紫外線を防ぐ効果は高いが、肌の負担が大きくなる

 

 

 

肌が敏感な方は紫外線散乱剤を配合したものが

 

いいでしょう。

 

日焼け止めのタイプ

 

●ミルクタイプ
●ローションタイプ
●スプレータイプ
●シートタイプ
●ジェルタイプ
●パウダータイプ

 

日焼け止めの正しい塗り方

 

日焼け止めを塗る手順

 

日焼け止めは基礎化粧品でのスキンケアが

 

終わった後のベースメイクの前に塗りましょ

 

う。

 

力をかけすぎるとポロポロとれてきてしまうの

 

で優しく浸透するように少量を重ね付けして

 

のばしていきましょう。

 

シミを消すスキンケア方法

 

適量を手にとりましょう。

 

目安量はメーカーによって異なります。

 

表示や説明をよく読んでその量を守りましょ

 

う。

 

顔は凹凸があるのでしっかり塗らないとムレ焼

 

けしてしまいます。

 

少量を重ね塗りしていくとムラになりにくいで

 

す。

 

 

髪の毛の生え際や眉間、耳フェイスライン、首

 

の後ろは忘れがちですのでここもしっかり塗りま

 

しょう。

 

均一に塗ることが大切です。

 

首元も忘れないように塗りましょう。

 

 

日焼け止めの効果は2,3時間ほどです。

 

汗や皮脂で流れたり、衣類がこすれて日焼け止

 

めが落ちてしまいます。

 

このままにしていると日焼けしたり、日焼け止

 

めが落ちたところだけムラやけしてしまいます。

 

2,3時間たったら塗り直しましょう。

 

こまめに塗り直しすることが大切です。

 

 

どれだけPAやSPF値が高くても塗り直しは大切なのよ!


 

また、外出時はメイクを落として塗り直しする

 

時間はありませんよね。

 

メイクをしたまま塗り直しする場合、肌をこす

 

ると摩擦によって刺激がおき、汗がでてしまい

 

ます。

 

汗はティッシュで押さえるのがおすすめです。

 

まずはティッシュで余分な皮脂や汗をふきとり

 

ましょう。

 

その後、日焼け止め効果のあるパウダーファン

 

デーションを重ねます。

 

あとは部分メイクして完成です。

 

 

シミを消すスキンケア方法日焼け止めは冬も必要?

 

シミを消すスキンケア方法紫外線は天気や季節は関係ありません。

 

一年中紫外線対策が必要です。

 

紫外線は5月から徐々に強くなり、6〜8月が

 

もっとも強くなります。

 

一日のうち紫外線の量が多いのは10時から14時

 

の間です。

 

生活スタイルやシーンによって日焼け止めを使

 

い分けましょう。

 

 

シミを消すスキンケア方法去年の日焼け止め使える?

 

シミを消すスキンケア方法使用期限が定められてないものもありま

 

すが一度開封すると品質が低下していくこ

 

ともあります。

 

できれば一年以内に使いきるのがいでしょう。

 

 

まとめ

 

シミを予防するには何より紫外線対策が大切で

 

す。

 

あなたの生活シーンにあった日焼け止めを選

 

び、正しく塗ることでシミを予防することができ

 

ます。

 

5年後10年後の後悔しないためにも日々のケ

 

アをしっかり行いましょう。


page top