更年期によっておこるシミや肝斑を何とかしたい!!

更年期によっておこるシミや肝斑を何とかしたい!!

シミを隠すメイク直し

 

年齢を重ねると気になるのが

 

シミや肝斑。

 

更年期が大きく影響しているかもしれません。

 

閉経に伴い女性の身体は変化していきます。

 

お肌のトラブルも更年期に起こる症状の一つで

 

す。

 

そこで今回は、シミや肝斑の原因と対処法について詳しくお伝えします。

 

更年期におこるしみや肝斑の原因

 

更年期とは、閉経を迎える前後の40代後半から

 

50代の方です。

 

更年期障害は、エストロゲンという女性ホルモ

 

ンが減少することで起こります。

 

エストロゲンは卵巣から分泌されます。

 

 

エストロゲンは肌のハリを保つコラーゲンや水分量を増やす働きがあるのよ!


 

卵巣機能は30代後半になるにつれ衰え始めま

 

す。

 

そして、更年期に入ると急激に減少します。

 

そのため、更年期になってシミ、たるみ、クス

 

ミ、肝斑といった肌トラブルが増えてきます。

 

 

肝斑とシミは何が違うの?


 

 

一つ一つ詳しく解説するわね!


 

更年期におこるシミ

シミを隠すメイク直し

 

更年期の前後にできるシミの多くは「老人性

 

色素斑」が多いです。

 

主な原因は紫外線です。

 

紫外線をあびることによってメラニン色素が過

 

剰に生成され、排出できなかったメラニンがシ

 

ミとなります。

 

40代以降にできてきますが、若いころに紫外線

 

を多くあびていると早ければ20代ででてくること

 

があります。

 

色は、薄い茶色から濃い茶色が多いです。

 

老化によるシミやシワを防ぐには一年中紫外線

 

対策が必要です。

 

目元のシワはクレンジングが原因関連記事→光老化がシミやシワの原因!?将来後悔しないために今すぐ対策を!

 

更年期に起こる肝斑

シミを隠すメイク直し
肝斑は頬骨や口の周りに左右対称にできます。

 

老人性色素斑とのちがいは、肝斑は輪郭がぼん

 

やりしていること。

 

そして左右対称であることです。

 

原因ははっきりしていませんが、妊娠や出産

 

後、ピルの服用、更年期によって生じること

 

が多いため、女性ホルモンが原因なのでは

 

ないかと言われています。

 

女性ホルモンのバランスが崩れることによっ

 

てメラノサイトが活性化されてメラニンが多量

 

に作られます。

 

その結果、シミや肝斑の原因となります。

 

肝斑はセルフケアで消すことは難しいです。

 

ひどくならないためにも日々のスキンケアが

 

大切です。

 

ただし、肝斑の場合は50代以降に症状が

 

軽くなったり、消えることもあります。

 

 

更年期のシミと肝斑の対処法

 

シミや肝斑ができたら早めにケアしないと悪化

 

してしまうことがあります。

 

そこで、自宅で簡単にできる対処法をお伝えし

 

ます。

 

シミを隠すメイク直し紫外線対策

 

何もケアしていないとのシミや肝斑は余計ひど

 

くなってしまいます。

 

紫外線対策が必要です。

 

日焼け止めをぬったり、UV帽子やサングラス

 

をしましょう。

 

目元のシワはクレンジングが原因関連記事→顔のシミ対策に日焼け止めはNG?正しい塗り方と選び方

 

シミを隠すメイク直し規則正しい生活を送る

 

また、ホルモンバランスを整えるためには生活

 

習慣を見直すことが大切です。

 

●睡眠をしっかりとる。

 

●ストレスをためない。

 

●バランスのよい食事を心がけることが大切です。

 

目元のシワはクレンジングが原因関連記事→ストレスでシミが増えるって本当!?うまく対処するには?

 

シミを隠すメイク直しこすらない

 

洗顔の際に皮膚をゴシゴシこすると肌への刺激

 

によってシミや肝斑が濃くなります。

 

洗顔は優しい泡で包み込むようにして洗いまし

 

ょう。

 

また、乾燥はお肌にもよくありません。

 

しっかりと保湿しましょう。

 

 

更年期におこるシミや肝斑を防ぐために今からできるケアを始めていきましょう。



page top