寝不足によってシミができやすい状態になる!?

寝不足によってシミができやすい状態になる!?

寝不足がシミの原因になる!?

 

 

あちゃ〜昨日は夜更かししすぎた・・・


 

 

寝不足はの肌の大敵よ!

 

しかも!シミの原因にもなるから要注意よ!!


 

 

 

えぇ〜!!そうなの〜!!!


 

夜更かしした日は化粧のりが悪かったり、肌に

 

ハリがないという経験はありませんか?

 

寝不足は健康だけでなくお肌にもよくありませ

 

ん。

 

さらに!

 

シミができやすい状態になるので要注意です!

 

 

 

何で寝不足だとシミができるの?


 

 

シミはターンオーバーの乱れ自律神経の乱れが大きく影響しているの。
これを読めば大丈夫よ!


 

 

寝不足だとシミの原因になる!?

 

シミの原因は紫外線などの影響によって、メラ

 

ニンが作られ、うまく排出されないことで色素

 

沈着を起こします。

 

寝不足がシミの原因になる!?

 

 

これがシミとなるのよ!


 

ターンオーバーが活発であれば、肌が生まれ変

 

わるときにメラニンも垢として排出されます。

 

しかし、睡眠不足が続くと、ターンオーバーが

 

乱れ、シミの原因となります。

 

さらに詳しくみていきましょう。

 

睡眠中は成長ホルモンが多く分泌されます。

 

紫外線や乾燥など、日中うけた外的刺激は

 

眠っている間に皮膚細胞を修復し、再生しま

 

す。

 

成長ホルモンの働き

 

皮膚組織を修復、再生、水分を維持、肌のターンオーバーを促進

 

成長ホルモンの分泌にかかせないのは「睡眠」

 

です。

 

しかし、夜更かしなど睡眠不足が続くと熟睡

 

できず、成長ホルモンが分泌されにくくなり

 

ます。

 

その結果、皮膚の再生や修復は行われず、ター

 

ンオーバーが乱れます。

 

ターンオーバーが乱れることによって肌は乾燥

 

し、バリア機能を低下させます。

 

その結果、紫外線の刺激を直に受けやすくな

 

り、メラニンが肌に残って色素沈着を起こしま

 

す。

 

 

寝不足だと自律神経が乱れてシミができる!?

 

睡眠不足によってシミができるのは、ターンオ

 

ーバーの乱れだけではありません。

 

自律神経も大きく関係しています。

 

自律神経は交感神経と副交感神経を交互にしな

 

がらバランスを整えています。

 

副交感神経はリラックスしているときに優位に

 

なります。

 

 

睡眠時も副交感神経が働くの!


 

しかし、寝不足が続くと自律神経の切り替えが

 

うまくできません。

 

常に交感神経が優位になると、心と体のバランス

 

が崩れ始めます。

 

さらには、体内で活性酸素を作り始めます。

 

すると、活性酸素を抑えようと身体はメラニン

 

を大量に生成します。

 

メラニンが排出しきれなくなることでシミにな

 

ります。

 

目元のシワはクレンジングが原因関連記事→ストレスでシミが増えるって本当!?うまく対処するには?

 

寝不足がシミの原因になる!? まとめ

 

夜更かしや睡眠不足によって、

 

自律神経が乱れる
→活性酸素がでる→それを抑えようとメラニンが生成される→シミになる

 

成長ホルモンの分泌されにくくなってターンオーバーが乱れる

→肌の修正、再生できなくなる→紫外線の影響を受けやすくなる→シミになる

 

 

 

寝不足でシミができる!その解決法とは?

 

シミをできにくくするには、規則正しい生活を

 

心がけることが大切です。

 

特に質の良い睡眠は、成長ホルモンの分泌

 

を促しターンオーバーを整えてくれます。

 

ただし、忙しいと睡眠時間が削られてしまいま

 

すよね。

 

その場合は、ビタミンCやコラーゲンを積極的

 

に摂取するといいでしょう。

 

寝不足がシミの原因になる!?ビタミンCはメラニンの生成を抑えてシミを予防してくれます。

 

コラーゲンは肌のターンオーバーを正常にしてくれる働きがあります。

 

 

まとめ

 

睡眠不足は自律神経や成長ホルモンのバランス

 

を乱します。

 

規則正しい生活を心がけましょう。

 

日中、日焼け止めクリームを塗って紫外線から

 

肌を守っていても、睡眠がとれていなければシ

 

ミができやすくなります。

 

つまり、シミ対策には、

 

規則正しい生活紫外線対策

 

この2つが大切です。


page top