首のシミがとれない…原因と今すぐにできるケア!

首のシミがとれない…原因と今すぐできるケア!

シミを消すスキンケア方法

 

ある日鏡で自分の首元をみたらシミが・・・

 

そんな経験はありませんか?

 

首元をみれば年齢がわかる。

 

と言われるように首がシミやしわがあると年齢

 

より老けて見られてしまいがち。

 

首は人から見られやすい部分なので気にな

 

ってしまいますよね。

 

男性の視線が向いてしまうところは、顔、足の次に首元というデータがあります。

 

 

シミを消すスキンケア方法顔のケアをしていても、首のケアをしていな

 

い…という方が多いです。

 

しかし、これはNG!

 

日頃から首元のケアを怠っていると段々とシミ

 

が増えてくることもあります。

 

顔と同様に首もお手入れをすることが大切で

 

す。

 

 

日頃からしっかり首のケアしていけばシミだけでなく、シワ予防にもつながるのよ!


そこで今回は、

 

●首のシミができる原因
●首にできてしまったシミを消す方法

 

をお伝えします。

 

首にシミができる原因

 

シミを消すスキンケア方法どうやって首にシミができるの?

 

シミを消すスキンケア方法ほとんどが紫外線によるものです

 

 

首にもしっかり紫外線対策している?


 

 

顔はしていたけど首はほとんどしていない・・・


 

首のシミの原因のほとんどは紫外線です。

 

紫外線は美肌の大敵です。

 

紫外線対策をきちんと行っていないと、肌はメ

 

ラニン色素を生成し、首回りが色素沈着をおこ

 

してシミになります。

 

目元のシワはクレンジングが原因紫外線によるシミやそばかすができるメカニズム

 

のまとめは、「光老化がシミやシワの原因!?」

 

をご覧下さい。

 

 

顔や首回りは特に日差しがあたりやすい部分で

 

す。

 

顔はファンデーションで保護されていますが、

 

首元は直に紫外線の影響を受けやすいの

 

で要注意です。

 

紫外線は季節など関係なくふりそそいでいます。

 

特に紫外線は日照時間が長い4月から9月が多く、時間帯では午前10時〜午後2時が最も多いです。

 

 

紫外線以外のシミの原因

 

肌は外部から刺激を受けると細胞を守るために

 

肌表面にメラニン色素を生成します。

 

紫外線以外にもひっ掻いたり、洋服などで首が

 

摩擦する、虫刺されなどによる炎症性の色素沈

 

着でもシミができる原因となります。

 

 

首元の汚れや汗を流さないと、肌は不潔になってかゆくなるわよね。
かゆくて掻きむしるのもシミの原因となるのよ!


 

 

生まれつきシミがある場合

 

生まれつきのシミは扁平母斑といって、首だけでなく、身体の至るところにできます。

 

これは自然に消えることはなく、美容医療などレーザー治療や外服薬が必要です。

 

 

首のシミを消す方法・予防方法

 

 

シミをみつけたら早い段階でケアすると改善の効果がでやすいのよ!


 

日焼け止めを塗る

 

首にも日焼け止めを塗っていますか?

 

紫外線を浴び続けると肌の老化がすすみます。

 

そして、皮下組織が劣化し、シミやたるみの原

 

因となります。

 

日焼け止めは肌を紫外線から守ってくれます。

 

シミを予防するためにも、これ以上シミが増え

 

ないためにも日焼け止めをぬることが大切です。

 

シミを消すスキンケア方法首の後ろも日焼け止めを塗り忘れないように

 

しましょう。

 

 

また、汗や皮脂で日焼け止めがおちてしまうの

 

で、2〜3時間おきに塗り直すことが大切です。

 

 

日焼け止めの塗り方や選び方はこちらの記事を

 

ご覧ください。

 

目元のシワはクレンジングが原因 「顔のシミ対策に日焼け止めはNG?正しい塗り方と選び方とは!?」

 

日焼け止めクリーム以外でもストールや手袋、

 

帽子などで肌を紫外線から守りましょう。

 

 

美白化粧品を使用する

 

美白成分にはメラニンを抑制したりシミを薄く

 

する効果が期待されます。

 

あなたにあった美白化粧品を選ぶことが大切です。

 

 

レーザー治療

 

シミを確実に消したい場合はレーザー治療が有

 

効です。

 

シミを焼失させるので即効性があります。

 

ただし、レーザー治療後しばらくは紫外線を浴

 

びるのは厳禁です。

 

また、レーザー治療は保険適応外です。

 

 

まとめ

 

首のシミは紫外線によるものが多いです。

 

シミを防ぐためにも日頃からのケアが大切で

 

す。

 

毎日のケアをしっかり行いましょう。

 

 


page top