ストレスでシミが増える!?うまく対処するには?

ストレスでシミが増えるって本当!?うまく対処するには?

顔汗がシミの元?

 

ある日突然できたシミ。

 

増えて濃くなったシミ。

 

これらのシミの原因は紫外線だけではありませ

 

ん。

 

実は、ストレスもシミの原因となります

 

 

「最近ストレスたまっていませんか?」

 

ストレスが全くない人はほとんどいません。

 

誰しもが何らかのストレスを感じて生きてい

 

ます。

 

しかし、ストレスを強く受けやすい人や、スト

 

レスをため込みやすい人は要注意です。

 

なぜならストレスは体に様々な悪影響を与え

 

るからです。

 

 

シミにも影響を与えるのよ!


 

【メカニズム】ストレスが原因のシミ

 

顔汗がシミの元?なんでストレスを感じるとシミができるの?

 

顔汗がシミの元?過度なストレスを感じると体が緊張し、

 

血管が収縮します。

 

さらには血流が悪くなり、同時に細胞の機能も

 

低下します。

 

すると体は細胞の働きをもとに戻そうとアドレ

 

ナリンを出して血流を早めようとします。

 

その際、女性ホルモンより男性ホルモンが優位

 

になります。

 

男性ホルモンが分泌される続けることでメラニ

 

ン色素が生成されてしまいます。

 

このメラニン色素は排出しきれなくなると表皮

 

に蓄積し、その結果シミができます。

 

男性ホルモンによる影響

 

皮脂分泌が増える、ニキビ、体毛が濃くなる、体臭など。

 

さらにストレスによって活性酸素を作ります。

 

活性酸素が出過ぎると老化を加速さます。

 

そして、その活性酸素を抑えようとメラニン

 

も生成されてしまいます。

 

シミだけでなく肌のコンディションも乱れます。

 

 

ストレスが原因の「シミ」対策

 

同じストレスを与えても平気な人と落ち込む人

 

がいます。

 

ストレスはその人の考え方次第です。

 

ストレスを溜めることで起きる不調

 

心理的症状
イライラ、不安、気分が落ち込む、消極的など

 

身体的症状
頭痛、肩こり、動機、胃痛、めまい、生理不順、胃潰瘍、過敏性大腸炎など

 

ストレスをためてもいいことは一つもありま

 

せん。

 

「身体がつかれているな〜」

 

「ストレスがたまってるな〜」と感じたらストレスを

 

発散させることが大切です。

 

リラックスする

 

 

顔汗がシミの元?好きな音楽を聴く

 

顔汗がシミの元?マッサージで緊張した体をほぐす

 

顔汗がシミの元?深呼吸する

 

顔汗がシミの元?運動する

 

顔汗がシミの元?読書する

 

顔汗がシミの元?買い物

 

など、あなたが好きなことをしましょう。

 

これだけでストレスは随分解消されます。

 

湯船に浸かる

 

身体が温まると副交感神経が優位になってリラ

 

ックスします。

 

足湯も効果的です。

 

アロマを数滴たらすと香りによってさらにリラックス

 

効果が高まります。

 

 

アロマのおすすめはペパーミントよ!

 

精神的な不安を和らげたり、不眠解消の効果が期待できるの。

 

他にもラベンダーはストレスからくる緊張を和らげてくれるのよ!


 

 

良質な睡眠をとる

 

寝不足が続くと肌荒れやシミの原因になりま

 

す。

 

目元のシワはクレンジングが原因関連記事⇒寝不足によってシミができやすい状態になる!?

 

睡眠中は疲れた体や脳を休ませる大切な時間で

 

す。

 

さらに、質のいい眠りはストレスを緩和します。

 

質のいい眠りとは深い眠りのことです。

 

ノンレム睡眠を増やしましょう。

 

肌のターンオーバーを促進させ、シミの予防に

 

なります。

 

また、寝る前にスマホやテレビをみないことも

 

大切です。

 

 

ストレスや疲れをためこまない

 

ストレスを全く感じないようにするのは難しい

 

です。

 

ストレスはうまく対処することが大切!

 

ものの見方をプラスにしてみるのも一つの方法

 

です。

 

考えが少しかわるだけでストレスを感じにくく

 

なります。

 

 

また、不規則な生活でも自律神経やホルモンバ

 

ランスが乱れます。

 

バランスのよい食事を心がけるなど、規則正し

 

い生活を送ることが大切です。

 

シミ対策にはスキンケアだけでなく心のケアも

 

大切です。

 

自分でできることから始めてみましょう。

 

 

煙草の吸い過ぎや飲みすぎにも注意です。
活性酸素を増やしてしまいます。



page top