顔のシワにワセリンは逆効果!?間違った使い方と正しいケア!

顔のシワにワセリンは逆効果!?間違った使い方と正しいケア!

ワセリン顔のシワに効果ある?

 

 

顔のシワワセリンが効果あると聞いたけど本当?


 

 

確かにシミの原因は乾燥によるものが多いけど、ワセリンの使い方を間違えるとかえってひどくなることもあるのよ。


 

 

えぇ〜!そうなの〜!

 

正しい使い方について詳しく教えてほしい!


 

鏡を見るたびに気になる顔のシワ…。

 

年齢とともに肌のハリは失われていきます。

 

シワの原因は加齢だけではありません。

 

紫外線や無理なダイエットやストレスも

 

シワの原因となります。

 

ワセリン顔のシワに効果ある?関連記事ワセリン顔のシワに効果ある?顔のシワの種類!ひどくなる前に自宅で簡単ケア!

 

 

そこで、シワの対策にワセリンを使っている方

 

もいらっしゃるかと思います。

 

実際にワセリンを使うとシワが消えるのかどう

 

か気になるところですよね。

 

ワセリン顔のシワに効果ある?ワセリンは使い方を間違えると余計

 

シワが深くなってしまうことがあるので要注意です。

 

そこで今回は、

 

〇ワセリンが顔のシワに効果があるのか?
〇間違った使い方と正しいケア

 

について詳しくお伝えします。

 

シワにワセリンは効果なし?その理由とは?

 

目の周りのシワや、口元、頬骨周りのシワ

 

など。

 

顔は特にシワが発生しやすい部分ですよね。

 

しかも、ケアをしなければシワはさらに深くな

 

ってしまいます。

 

シワの大きな原因は「乾燥」です。

 

つまり乾燥を防ぐことができればシワを予防す

 

ることができます。

 

乾燥を防ぐには「保湿」が何より大切です。

 

シワが浅いうちに保湿ケアすることでシワは薄

 

くなっていきます。

 

 

ワセリンに保湿効果はある?

 

ワセリンそのものに保湿効果はありません。

 

ワセリンは、油分で肌に膜を貼って肌の水分が蒸発するのを防いでくれます。

 

つまり、乾燥を防ぐ働きはあっても保湿効果はないのです。

 

 

ワセリンは顔のシワ対策に有効なの?

 

使い方次第では有効す。

 

ワセリンは水分の蒸発は防いでくれますが、十分な保湿効果はありません。

 

乾燥からくる浅いシワやシワの予防であれば有効です。

 

ワセリンにはお肌を守るバリアのような働きがあります。

 

ワセリンは保湿効果というよりは乾燥対策です。

 

つまりこれからできるシワの予防には十分有効です。

 

ただし、ワセリンはベタベタして、手を洗っても落ちないほどです。

 

そのため、メイクの下地には不向きです。

 

もし使うのであれば寝る前に塗るのがベストです。

 

 

また、すでにできてしまった顔のシワには顔のシワ専用のものを使うといいでしょう。

 

ワセリンの正しい使い方

 

ワセリンは温度が高いと柔らかくなります。

 

ワセリンを少量手にとって掌で温めて伸び

 

をよくしましょう。

 

寝る前に目もとやほうれい線など、シワの

 

気になる部分にすりこむようにして塗ると

 

いいでしょう。

 

 

まとめ

 

ワセリンはすでにできてしまっているシワには

 

効果が得られにくいです。

 

ただし、これからできる乾燥によるシワには

 

有効です。

 

すでにできてしまっているシワを目立たなく

 

するには保湿効果の高い基礎化粧品を

 

使うといいでしょう。

 

 


page top